プラチナアート大賞展とは

※重要なお知らせ 今回より展覧会会場が変わりました。日展会館(本館)となります。

2019年11月23日応募受付開始します。審査は2020年4月締め切り日以降となります。


大賞で即プロデビューのシステム

ほとんどの百貨店美術画廊の展覧会は、美術商の提案する展示企画によって催されています。毎日アートプランニング有限会社は約40年の長きにわたって伊勢丹等の大手百貨店にて展示即売会を手がけてきました。
この公募展は、美術商の毎日アートプランニング有限会社が設立したプラチナアート協会主催なので、プロとして通用する作家を発掘し、毎日アートプランニングが企画する百貨店画廊等の展示即売会に作品を出展でき、美術界に積極的に売り込んでいくことができます。どうぞふるってご応募下さい。
右の写真は、公募展展覧会会場となる日展会館。ここで展示の後、別の百貨店画廊等の会場で本格プロデビューとなります。すでにプロの方は販路拡大できます。

第一次審査は無料です。

プラチナアート協会とは
埋もれている才能を発掘するためとプロアーティスト支援のため、2007年に美術商の毎日アートプランニング㈲社長辻省三が設立。
プロデビュー支援の公募展プラチナアート大賞展を主催。毎年プロを輩出している。
会員になると選抜でプロデビューできる可能性もある。現在通年募集は廃止。くわしくはプラチナアート協会入会のご案内のリンクからご覧ください。協会の活動、会員のプロデビューの展覧会の情報はこちら→プラチナアート協会のブログ 

毎日アートプランニングの新しいブログです(2019年12月16日から)

2014年以前の活動ものっている前の毎日アートプランニング展覧会のブログ←クリックすると別のサイトに移動します。

プロデビューの実績例
プラチナアート協会会員として百貨店画廊にプロデビューでき、売上げの実績を積み重ねてきたホール史津子さんの例。プラチナアート協会会長の多大なるサポートにより、百貨店画廊でなんと二件の個展デビューにこぎつけました。2018年の丸広百貨店川越店、同年の小田急百貨店町田店です。皆さんも後に続いて下さい。

第一次審査料:無料 その他の応募の規定はこちら→応募要項
応募には所定の出品申込書が必要です上のリンクから印刷できますが、応募要項、出品申込書郵送希望の場合、94円切手同封の上、楷書にてご自分の住所、氏名、電話番号を明記して下記にお送り下さい。E-mail・FAXのみは不可。

郵送先・問い合わせ 

プラチナアート協会 〒224-0029 神奈川県横浜市都筑区南山田1-3-10-510 

TEL/ FAX 045-620-7764 毎日アートプランニングと同じ番号です。

問合せ先 担当ツジ  携帯電話090-4672-4895まで。

※出品申込書はこちらのページから→出品申込書

※初めて公募展に応募する方へ簡単に応募の流れを説明しています→初めてプラチナアート大賞展に応募する方へ

過去の大賞作品は こちら→過去の大賞と準大賞作品

新着情報

2019年11月23日
ホームページをリニューアルしました
2019年11月23日
応募受け付け開始します。
アクセスカウンター