初めて応募する方へ

よくある質問からまとめました

初めてプラチナアート大賞展に出品する方へ

プラチナアート大賞展に出品する流れと注意点を説明します。

1. まず、応募要項をよく読みます。出品規定がありますので、読み返すために、プリントアウトして手元に置いておくと良いでしょう。本審査分まできちんと読んで下さい。応募者はすべての応募要項に同意したとみなします。公募展というのは特に締切日などの期日、搬入時間など非常にタイトです。守れない場合失格の規定もありますので注意して下さい。規定以外の立体作品は不可です。受付は募集開始発表後、随時受け付けますが、審査は締め切り日後となります。出品には出品申込書が必要です。PDFを開いてプリントアウトして利用して下さい。

2. プリンタのない方は、応募要項と出品申込書を送りますので94円分の切手を同封して本名、住所、電話番号を必ず書いて下記に申込んで下さい。FAXやメールでの申込は切手がないため受け付けられません。
〈応募要項等請求先〉 〒224-0029 神奈川県横浜市都筑区南山田1-3-10-510 プラチナアート協会

3.注意!プラチナアート大賞展は、第一次審査がプリント写真で行われます。いきなり作品現物を送られても、規定違反となり審査出来ません。万一送られても、受取り出来ません。ご了承下さい。

4.審査の結果を待ちます。結果は締切り日後即時審査があり約3~4日位で届きます。

5.第一次審査を通過した通知がきたら本審査に進めます。本審査の申込書と応募要項が送られてくるのでよく読みます。規定の出品料が書かれていますが、直接搬出というのは自分で作品を壁から外し箱に入れ持って帰ることなのでそのままの金額で、搬出を事務局に委託希望の方は、宅急便で送るので梱包手数料(送料ではない)の1,000円を足して、銀行に振り込むか、または、現金書留で送ります。その後、振込票とともに、本審査申込書に記入して、上記プラチナアート協会あてに送ります。本審査応募締め切り日は消印有効ですが、期日までに入金していないときは失格になります。

6.作品タイトル等を書き込んだ本審査用の出品票を必ず作品の上下に合わせ裏に貼って、規定の搬入日に作品を持ち込むか、梱包して宅急便等で送ります。額装必須ですが、自作の仮額でも構いません。アクリルガラスがついている場合はそのままでも構いませんが厳重に梱包のこと。普通のガラスの場合、割れやすいので外して下さい。作品の破損が心配な方はたいていの運送会社に保険があるようです。加入のことなど依頼先に聞いて下さい。

7.本審査の結果は、入賞者には本審査当日午後18時から順次電話にて通知します。入選は、同日の20時頃までに、ホームページに速報としてお知らせします。

その他の質問は担当ツジが受付けます。携帯電話090-4672-4895までお気軽に聞いて下さい。

主催 プラチナアート協会
〒224-0029 神奈川県横浜市都筑区南山田1-3-10-510
TEL/ FAX 045-620-7764 所在地、電話は毎日アートプランニング有限会社と同一です。